HOME>>競り売り代行
サービス案内
不用品回収
競り売り代行
中古品の買取
遺品整理
解体・スケルトン工事
料金表
不動産売却
その他
対応エリア
他業者様との比較
よくある質問
ご依頼方法
過去の依頼例
ご紹介業者様募集
会社案内
安心の損害賠償保険
サカモトサービス総合サイトへジャンプ
下記がメールアドレスです。スマホの方のQRコードからでもメールアドレス取得できます。
sakamoto@sakamotoservice.com
サカモトサービスのメールアドレスQRコード
当社で不用品処分をされる方!
他社で不用品処分をされる方!
★不用品の中には売れるものが沢山あります。是非不用品から色々な価値のあるものを探させてください。★それを古物・古美術・一般小物などを専門の競り売り方式で売却させてください。
当社は、引越し前後や遺品整理などの不用品回収をしています。その中にはたくさんの古物・古美術等の様々なお値打ち物品が混ざっています。昨年の暮れには私達も、そしてお客様もビックリするような値段で競り落とされました。その時は、お客様にも大変喜んでいただきました。当社は、集めた物品を古物専門の業者どうしで競り売りをさせて頂いています。ただ、他社のようにその場で買い取ったり、それも一軒しか買取業者を呼ばないのでは、全く値段が付かず、儲かるのは業者だけになってしまいます。勿論、先に必要なものは全て引き取ってもらっておくので、段ボール箱2~3箱で5,000円ということもあります。とにかく、買取業者を1軒だけでの話では全くダメです。とりあえず、他社で不用品回収や遺品整理などをされる場合は、その前に半日か一日の時間を取っていただくと当社が隅々まで探して回収させて頂きます。幾らになるかは分かりませんが是非されてみてはいかがですか。・・・詳しくは電話窓口へ。
古物・古美術・骨董品の処分をお考えの方。

古物、古美術品をより高く買ってもらう方法

① それは数多くの(プロ)買い手さんを見つけることです。そしてその人達(買い手業者)で競り合ってもらうことです。それにより、より高い値段を引き出していただけるのです。ですので、絶対に1か所の骨董屋さんだけで売買をしないこと。これにつきます。
(ここでのプロの買い手とは、売ろうとしている物品の価値をよく知っている方達です)
少なくとも三、四人、当然多ければ多いほど値段は跳ね上がります。その人達(プロの買い手さん)を集めて競り合ってもらうことです。掛け軸なら掛け軸の専門家、焼き物なら、焼き物の専門家を集めて競り合りあわせる。その方達は再販する値段もわかっているので、とことん競り合ってくれます。私達も十数年前は、買い取った物件を高く売るために色々な古物屋さんを回って売り歩いていました。でも、行くとこ、行くとこで、値段が違っているのでいつも困っていました。(値段が伸びない)
ヤフーオークションオークションにも出してみたり、リサイクル品の競り場の何か所かの会員になったり、貴金属商にも色々出歩きやっと現在の販売場所と販売方法に落ち着きました。(ほぼ満足です。)

② その前に,その物品が高く売れる物、つまり本物でなくてはなりません。当たり前のことですが、これがなかなか難しいようです。その為にはそれぞれの協会などが発行する鑑定書や登録書や入っていた入れ物(箱)等を一緒に持っていくことも重要です。私達も、どの様な所から出て来たのか、どの様な所から買われてのか等を聞かしていただいてます。
結局、由緒ある御家柄、それなりの方々、趣味で色々集められていた方、お茶などを長年されていた方々などから出てきた物品が、比較的競り市での落札価格も高くなってくる場合が多いです。

 

それではもっと詳しく・・本物の古物、古美術品を高く売るためには!!

それは最初にご説明した通り、絶対に1か所の骨董屋さんだけで売買をしないこと。少なくとも三、四ヶ所、当然多ければ多いほど値段は跳ね上がります。その人達(プロの買い手さん)を出来るだけを集めて競り合わせることです。又、掛軸なら掛軸の専門家、焼物なら、焼物の専門家を集めて競り合うとその方達は再販する値段もわかっているので、とことん競り合ってくれます。よく値打ちがわかっていない方だと、たとえば1本180万円で再販できる掛軸でも、なかなか150万円では買ってくれないと思います。せいぜい3万円?それとも5万?又、競争相手がいなければ、かなりの値打物だと分かっても、儲けの数字が頭の中をよぎってしまうので安く買取り出来るものなら出来るだけ安く買われてしまうと思います。当たり前だと言えば、当たり前なんだけど ! また、一か所の古物商に何人かの鑑定士さんがいても、鑑定士同士が競り合ってくれるわけでもなく、又、その中で一番高く鑑定した方の値段でもって買ってくれる訳ではありませんので。(あくまでも一鑑定士がどれだけ儲けるかになる) なので、個別のプロ同士数人が競り合ってこそ、それぞれの業者が値段を確認しながら、時には熱くなってその物品の価値以上の値段を出してしまいうこともあると思います。

 

1か所の骨董屋さんとに買取ってもらう場合
① よく掛け軸の事を知らない業者。
1本何千円程度で止まってしまう。とっても何万までは怖くて出さないと思います。
② よく掛け軸の事を知っている業者
何千円ではどうか?と聞く。もう少し高くでと言われると、お客さんに幾らぐらいと思れ
  ているのかを尋ねる。近ければすぐにOK、何十万と言われたらその根拠を聞く。また、買

業者も、もう一度採算が合うかどうかを確認する。     
 
 

結局、よくその物品の事を知らない業者はもちろんのこと、本当によくわかっている業者でも商売である限り出来るだけ安くで買って、出来るだけ高くで売る事を目指すのは当たり前かもしれません。私達も少しは古物の本を見たりセリ場で勉強をしましたが、古物は貴金属などと違い一つ一つが別物で、20万円や30万円なら別ですけど全部で300万円ならどうかと言われると、たとえそれがセリに出すと合計で1500万円程になる物品でも、よほどの確信がない限り150万円しかしならなかったらと思うとなかなか手が出せないものです。
それはプロでも掛軸に強い人、焼物に強い人など様々ですので。
なので、
ある現場で、遺品整理中の家族の方々(古物などをよく知らないない方)が(1か所の骨董屋さん)を呼んだだけではだけでは、全く遺品(古物など)の売値は上がらないと思います。まして、古物の知らないリサイクル屋さんなどに買ってもらっても素人同士で全く話になりません。
(ただ、家具とか家電とかになると基準がハッキリしているので殆ど差がないと思います。)
私たちはよく一般のお客さんや不動産業者の紹介などで・不用品回収や遺品整理をさせて頂いてます。その時には必要なものを取っていただいた後の不用品の中から売れるものを回収させてもらい貴金属を含め全てをセリ場持ち込み御売却をさせて頂いてます。それは、不用品の回収と一緒の時もあれば、古物、古美術、他の回収のみの場合とがあります。いずれにせよ、
これはと思っていなかった物に値段が付くことが多いので、ぜひご参加ください。
ただ、お客様がこれは父が中国で買った物で結構なものだと聞いている。と言われて出された綺麗な箱に入っている物品が全くの旅先のお土産程度で全く値打ちのないものだったということもよくあります。

最初のころは私達も、ヤフーオークションなどもしていましたが、大きいものだと包装が大変だし、送料や目立たせるため(順番取りの為)の課金制度も結構大変です。ただ、そんなことよりバックなどの場合、本物か、偽物かの問題と、写真で判断してもらうので、後日写真にない所に傷があったとか、なかったとかの問題もすごく大変です。相手さんが一般人だと、後で気が変わってやめたいとなった時でもそれだけでオークション代や送料等の損失になり又、取引後の評価を買い手さんが書き入れるようになっているので、悪質な買い手さんに出会うと大変です。勿論古美術品などは写真のみですので全くダメです。
その点、プロ同士の競り場だと偽物だったからどうのこうのは私達の扱ったものでは全くありません。ただ、私達も偽物なら多分偽物とか、傷があれば傷有などと、わかる範囲での表示は、しておきます。セリに出すには、競り代はもちろんのこと、現場からの、収集、搬出、養生、掃除、手直し、持ち込むための運搬(搬入)、集金等の手数料も必要です。

(注) この取引で一番確認しておきたいのが、一度競りに出品して、落札が終わった物品は如何なる場合もお返しできません。たとえ、思っていたよりも安かったり、後で身内の誰かが欲しかったといわれてもです無理です。

一度、セリに出されセリ落とされたたものはお返しする(取り消す)ことができません。安ければダメだというものは最初に申し出てください。最低の値段を決めて出させていただく場合もございますので。
私達の取引でも、100万円や200万円程度は、時々ありますが、昨年の12月に1500万円を超える取引きをさせていただいて驚かされました。正直なところ、中国でお仕事をされていた方でその時に地域の方々からいただいたものだそうです。その息子様のご依頼だったのですが、その方自身80歳をかなり過ぎたかたでした。品物(掛け軸)が三十数本で後は、色々で今まではこの中(リンゴ箱のような木箱)に入れっぱなしだったので、シミや折れもあり本当に大丈夫かなって感じだったです。その中の1本が550万円、155万円120万円、100万円、89万円、3.0~40万円が4本その他玉(翡翠類)が十数個、壺、屏風などなどです。         お客様はその中でも1階の屏風8枚ものが一番高いと言われてたのですが結局23万円程(1階部分は176万円程)にしかならなかったので少し落胆しておられたのですが、2回に分けて競りをしたのですが、2階、古いの部分が1390万円を超えたので、大変喜んでいただきました。結局、一階部分の新しいものはさほどでもなく、古い(今なら特に中国)ものが値を飛ばしているようです。買う時も、売る時も、ダマされない様にしてください。一軒の家で、売却価格が100万円を超えるような場合、普通はなにがしかの理由がないと、となかなか出ないのも事実です。例えば、処分費の足しになるかも、ぐらいの考えで、ぜひ、弊社に安心してお任せください。宜しくお願い致します。
不用品処分を他社でされる場合には、もうこれで必要なものは全部取ったので、後は、不用品処分屋さんにに引き取ってもらうという状態の時、その前に半日か、1日頂ければありがたいです。

 
 
 
 
 
ご依頼フォーム
トップ 不用品回収 競り売り代行 解体スケルトン 料金表 会社案内
  遺品整理 中古品の買取 不動産の仲介 リンク サイトマップ
Copyright (c) 2012 SakamotoService. All rights reserved